コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

【ポーカー戦略】プレイヤータイプを分類する

ポーカーにおけるプレイヤータイプは参加率とアグレッションによる分類方法がメジャーですが、ここではさらに掘り下げて分類してみましょう。

分類の基本

プレイヤータイプの分類は参加率とアグレッションで行います。

■参加率
  • タイト(VPIP 20%以下)
    • プリフロップは良いハンドのみに絞って参加します。参加するハンドはAX、絵札2枚、ポケットペアのみ。
    • 初心者がポーカーを勉強してまず最初に目指すのが、このタイトなプレイです。きちんとハンドを絞れば1/2, 1/3のレートで大きく負けることは無いと思います。
  • ルース(VPIP 30〜70%)
    • 何らかの可能性がある投機的なハンドも含めて、3回に2回はプリフロップに参加します。参加するハンドはAX、絵札2枚、ポケットペア、スーテッド、コネクタなど。
    • バカラから流れてきたギャンブル的なプレイヤーか、頻繁なベットアクションで勝ちに行くプレイヤーにこのようなプレイスタイルが多いです。
    • このタイプはフィッシュが多いですが、フィッシュを装ったプロもいるので注意。
  • 全参加(VPIP 100%)
    • すべてのハンドで参加し、レイズに対してもコールしてきます。
    • ポーカーをよく分かっていない初心者でたまに見受けられます。このようなプレイヤーがテーブルにいると、そのプレイヤーからいかにチップを取るかといった雰囲気に変化します。
■フロップ以降のアグレッション
  • パッシブ(ベット率 30%以下)
    • コンティニュエーションベットはほとんど無く、トップヒットトップキッカー、オーバーペア、2ペア以上のモンスターのみベットします。
    • 普段ベットしないプレイヤーがベットしたら、大抵はモンスターハンドを持っているので要注意です。
  • アグレッシブ(ベット率 30〜70%)
    • コンティニュエーションベットを打ち、ブラフも適度に混ぜてベットします。
  • マニアック(ベット率 100%)
    • フロップ以降はあらゆるハンドでベットしてきます。
    • 上手なルースプレイヤーに多いタイプで、フロップがローボードの場合はタイトプレイヤーのA, K, Q, Jがヒットしていないので、ブラフと分かっていても降りざるを得ないことが多くなります。

 

プレイヤータイプ

以前はプレイヤータイプを参加率とアグレッションの組み合わせで分類することが多かったようですが、ここではさらに細かく掘り下げたタイプを紹介します。

  • ABCプレイヤー
  • タイトアグレッシブ
  • ロック
  • ニット
  • 社長
  • マニアック
  • 初心者