コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

【ポーカー雑学】ポーカー名言集

ポーカーの名言(迷言?)を紹介していきます。

「もし、あなたが相手のハンドを全て見ることができたとして、その場合にあなたがするプレイと違うプレイを行うたびに、相手が得るであろう。そして、もしあなたが相手のハンドを全て見ることができたとして、その場合にあなたがするプレイと同じプレイを行うごとに、相手が失うであろう。」

The theory of pokerの有名な名言です。

相手のハンドが見えているときにするプレイを100点として、限りなくそれに近づけていくことがポーカー戦略の目標だと思います。

そして、それと違うプレイをせず常に正しい判断をすること、そして相手にミスをさせるたびに、利益が積み重なっていきます。

「テーブルを見回して誰もFish(カモ)がいなければ、誰がFishであるか明らかである」

これも有名な名言です。

テーブルを見回してFish(カモ)がいない(見当たらない)のであれば、自分がFishです。

「ポーカーはスキルで配られるハンドが変わるわけではない」

上手い人ほどいいカードが配られるわけでもなければ、いいハンドが入るわけでもありません。万人に等しく、同じようにカードが配られています。

当たり前のことですが、そう開き直ることでプロが相手でも必要以上に恐れることはなくなります。

「ポーカーは5分で覚えられるが、極めるのは一生かかる」

この日本で、ポーカーを知らない人はそれほどいないでしょう。少なくとも、役ぐらいは知っているはず。

日本では5カードドローポーカーで知られていますが、テキサスホールデムでもポーカーの役は同じで、ハンド枚数と共有カードが存在する点が異なります。
ですが、ポーカーの役さえ知っていればルールも5分で覚えられるでしょう。

しかし、ポーカーはブラフが存在するため、役ができていなくても勝つことができます。
ブラフを覚えてそれを駆使するようになると、ハンドが何かなんて関係なくなります。

また、プレイヤーの熟練度に応じた打ち分けも必要になってきます。

人間心理を相手にするゲームであり、これを極めるのは一生かけても出来るかどうかでしょう。

※日本では、ポーカーといえばいまだに5カードドローポーカーのイメージが大半ですが、これはアメリカ南北戦争時代のルールで相当古いものです。

「水族館ではお静かに」

フィルゴードンの名言。ポーカーではカモのことをFishといいますが、これが多く集まるテーブルを水族館といったりします。

そのような場所ではありえないハンドでコールされて運悪く少ないアウツを引かれたりしますが、それに腹を立てたり、説教したりしてはいけないということです。

下手なプレイヤーを怒らせたり余計なことを教えたりせず、下手なプレイヤーのままにしておいたほうがいいということです。

「ワンペアで破産するな」

THTK(トップヒット・トップキッカー)、オーバーペアは強いハンドですが、所詮はただのワンペア、オールインを受けられるほどではありません。

危ないボードでAAを降りられるようになったとき、ポーカーのスキルが一皮向けたと言えるでしょう。

「セットオーバーセットは仕方ない」

自分がセットを持っている状態で相手が上のセットを持っている確率は約100分の1と言われています。

そのため上のセットがいる可能性については考えない、いたらしょうがないという考えでプレイします。

「フルハウスは降りられない」

ボードにペアが2つあって下のフルハウスでもない限り、まず降りることはできません。

相手がフルハウスを持っていると予想して自分がそれに勝っている時、オーバーベットしても受けてもらえます。

「弱いハンドは強く、強いハンドは弱く」

テル(癖)の大原則。

弱いハンドを持っている人ほど強そうに見せ、強いハンドを持っている人は弱そうに見せることを表しています。

 「勝ち金を数え始めたら止め時」

順調にゲームを進めて勝ち金が積もってきたとき、それを数え始めたら止め時。

余裕が出ると緊張感が保てなくなるからだと思います。