コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ポーカー専業プロになるには

ポーカーをそれなりに経験したプレイヤーなら誰しも一度は考えるテーマ、
それは

ポーカー専業で生活できるか

ではないでしょうか。

誰もが一度は考えるこのテーマ、いくつかの切り口から掘り下げてみたいと思います。

ぶっちゃけ、ポーカープロの月収は?

テキサスホールデムのゲームタイプは大きく分けてキャッシュゲームとトーナメントがあります。
しかし、トーナメントはシートオープンすると稼働できなくなること、またキャッシュゲームのほうがカジュアルプレイヤーが多いことを考えると、プロを目指すならキャッシュゲームしかありません。

ライブカジノであれば、だいたい100ハンドあたり約10BBプラスがプロの目安と言われています。
1時間あたりのプレイ数は約20~30ハンドなので、12時間プレイすれば350ハンド、35BBが稼げる計算になります。

それらをもとに日当を計算すると、

  • $1/$2のテーブルなら約70$/日
  • $2/$5のテーブルなら約175$/日
  • $5/$10のテーブルなら約350$/日

ぐらいです。

これらの条件から稼働時間と月収を計算した結果は次のとおり。

  • $2/$5のテーブル
  • 1日12時間勤務(昼正午から夜12時ぐらい)
  • 週休1日(月間25日稼働)
  • 月収は約4,375$(175$/日×25日)、約48万円

月収は50万円に届くかどうかというぐらいで、年収は600万円ぐらいになる見込みです。
一般的なサラリーマンの年収水準を稼ぐのであればプロの最低レートは$2/$5以上が必要です。

どのぐらいの資金が必要?

キャッシュゲームにおけるバンクロールの目安は、バイイン金額の20~40倍と言われています。
しかし、マネープレッシャーに負けず常に正しいプレイをすることを考えると、バイイン金額の50~100倍ほどの資金があったほうがよいでしょう。

そこで、ここまでの議論を踏まえて、必要な資金額を計算してみます。
計算する条件は次のとおり。

  • $2/$5に500$でバイイン(プロの最低レート)
  • 資金量はバイイン額の50~100倍

これをもとに必要な資金量を計算すると、次のような計算結果となりました。

  • 最低限必要な資金は500$×50倍=25,000$(約300万円)
  • 余裕を見た資金なら500$×100倍=50,000$(約600万円)

いかがでしょうか。
かなりの大金が必要という計算結果になりましたが、実際にポーカープロとして活動しているかたのブログでも500万円ぐらいの資金が多いです。

ただ、これはあくまでプロとして毎日ポーカーを打つレベルでの計算です。
休暇を利用してカジノへ出かけるのであれば、そんなに資金は必要ないと思います。

ポーカーをとりまく環境

次に、ポーカープロとして活動していくうえで環境についても考えていきましょう。

まず、日本にはカジノがありません。※アングラは除く
2016年12月にカジノ法案が可決しましたが、まだ具体的な計画が無い状態で先行きは不透明です。

そのため、ポーカープロとして活動するのであれば、必然的に海外カジノを拠点にすることとなります。

日本から近くてカジノがある国は、おおよそ次の4ヵ国です。

ポーカーができるカジノ テーブル数(カジノ合計) 短評
韓国
  • ウォーカーヒル
  • セブンラック
  • $1/$2 約10卓
  • $2/$5  約2~3卓
  • 日本から一番近く、治安もよい。
  • 無料の食事があり、宿泊費も安いので滞在費を節約できる
  • バイイン額が無制限のため、実質レートは2倍ぐらいの感覚
マカオ
  • Wynn
  • ベネチアン
  • ギャラクシー
  • City of Dreams
  • グランドリスボア
  • $2/$5 約15卓
  • $5/$10 約5卓
  • それ以上 約2~3卓
  •  レートが高いため、世界中からプロが集まっている
  • ウェイティングリストが長く、基本的にレギュラーがほとんど。
  • 観光都市のため食費、宿泊費が高い
    ※現地アパートを複数人でシェアしているプロもいる
  • 曜日、時期によって最低レートが$5/$10からになる
フィリピン
  • リゾートワールドマニラ
  • ソレア
  • City of Dreams
  • 地元ローレート 多数
  • $0.5/$1 約20卓
  • $1/$2 約2~3卓
  • レートが低いので、プロとして十分な収入を稼ぐことは非常に困難
  • 地元ポーカールームも含めると、テーブル数は非常に多い
  • 地元のカジュアルプレイヤーが多く、ルースな傾向があるのでタイトパッシブで勝てる
ラスベガス
  • ほぼすべてのカジノ
  • $1/$2、$1/$3 多数
  • $2/$5 主要カジノで数台
  • どのカジノでもポーカーがあり、テーブル数が非常に多い
  • 基本ができているプレイヤーが多く、ルースアグレッシブな鯨はあまりいない
  • $1/$2が主流なので、プロとして生活できるレベルの収入を得ることは難しい
  • 日本から遠く、LCC路線も開通していないため航空券が高い。また、宿泊費の他にリゾートフィーがかかるため滞在費は高め

 

■世界の主流レート

まず分かることは、日本の近場にあるカジノの主流は$1/$2であることです。
プロの最低レートである$2/$5は全体の1~2割ほどに限られます。

韓国、マカオは$2/$5のテーブルが立っていますが、フィリピンはレートが安すぎるためプロとして活動するのは非常に厳しいでしょう。

■ポーカープロとして拠点にする国

レート、ポーカープレイヤーレベル、滞在費などを考えると、ポーカープロとして現実的に活動可能な国は韓国、マカオに絞られてきます。
実際、どちらの国も日本人ポーカープロが何人か活動しています。

 

さて、韓国とマカオの滞在費をさらに詳しく見てみましょう。

主な滞在費は次の項目で構成されます。

  • 宿泊費
  • 食費
  • 交通費

これらについて、1日あたりどのぐらいの費用がかかるかを見てみます。

科目 滞在費/日 備考
韓国 宿泊費 約1,000~5,000円
  • チムジルバン(日本でいうサウナ)であれば、1泊1,000円程度で宿泊可能。
  • その他のホテルも安いところは2,000円程からある。
食費 無料~約1,000円
  • カジノの無料食事を使うならタダ。
  • 外食は日本とあまり変わらない。
交通費 約150~300円
  • ソウル市内であれば鉄道ですべて移動可能。
  • 深夜タクシーを利用するなら、約500~1,000円ほど。
マカオ 宿泊費 約6,000~10,000円
  • 日本のビジネスホテルレベルで10,000円ほどする。
  • マカオサウナに泊まれば、無料食事がついて6,000~8,000円ほど
食費 約2,000~3,000円
  • カジノ内で食事注文するなら約1,500円から。
交通費 無料
  • カジノの無料シャトルバスが張り巡らされているため無料で移動可能。
  • マカオ、タイパ間をタクシー移動すると1,000円ほどかかるので、シャトルバスが動いている時間内(24時まで)に移動しておくのが良し

 

韓国は滞在費が非常に安く、節約すれば1,000円/日も可能であることが分かります。

一方、マカオの滞在費は非常に高いので、ホテルをシェアするなどの節約方法を考えていく必要があります。

専業プロが辞める理由

それでは最後に、これまで見てきたポーカー専業プロが辞めてしまう理由をいくつか紹介します。これを見て、失敗者が少しでも減ることを望みます。

■スキル不足

専業プロを目指して仕事を辞め、意気揚々と韓国のカジノへ乗り込んでくる若いプレイヤーは数多いですが、大抵は1ヶ月もたずに消えていきます。

これは単純に準備不足、スキル不足が原因です。

リアルマネーのプレッシャー、またオンラインとライブカジノはスタックやプレイヤー層が大きく変わります。ある程度続けて慣れてくればギャップを乗り越えられるのですが、その前に消えてしまうことが多いです。

そのため、いきなり専業を目指すのではなく、まずは週末や長期休暇を利用して1年ほど兼業でやってみることで失敗の確率を大きく減らせます。

■資金不足

バンクロールに見合わないレートに手を出し、大きく負けて資金が続かなくなるパターンです。また、少ないバンクロールで無理にプレイして手が縮こまってしまい、思うように勝てなくなることも含みます。

ポーカーの適正バンクロールはバイインの20倍と言われていますが、マネープレッシャーを考えると40〜50倍は欲しいところ。目安はコインフリップでオールインして負けても、気にせずアタマを切り替えて次に行ける程度です。

ポーカーテーブルは2年もすれば顔ぶれが一新しますが、その波を乗り越えられば新規プレイヤーに対して経験という武器を手に入れられます。
なので、まず生き残ることが一番大事。そうすれば、周りが勝手に脱落していつのまにかベテランになっています。

■過当競争

プロが増えすぎ、あるいはフィッシュが減りすぎて煮詰まった状態になることです。こうなると時給がどんどん下がり、またバンクロールがレーキで削られていくことになります。

しかし、専業プロだと他に収入源が無いため打ち続けるしかなく、消耗戦となってしまいます。

対策としてはいくつかの国を常にチェックしてリスク分散すること、また副業を手がけることです。
幸い、ポーカーは良いハンドを待つ時間のほうが遥かに長いゲームですので、その時間を有効活用できる仮想通貨やFX投資は非常に相性が良いです。

■結婚

いくつかある引退理由の中で、おそらく唯一のハッピーエンド (?)です。

結婚するときに相手の親の反対に合って専業を引退するパターンです。
その後は貯めた資金で何か商売を始めることが多いようです。

■バカラで破産

順調に勝ち続けてたはずの専業が突然姿を見せなくなったとき、大抵はバカラで破産しています。

バカラはその気になれば全財産を1回に賭けることができるゲームです。最初は好奇心とヒマ潰しでカードを絞っていたのが、だんだん賭ける金額が大きくなり最後は数年かけて貯めたバンクロールをオールインして破産するのがよくあるパターンです。

これでベテランの専業が多く消えています。
なので、バカラは「ダメ、絶対。」